FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

1月31日 FはFUTABA+のF 

170131FUTABA_スタッフ


なたの記憶にいつまで残るでしょうか、四条河原町京都マルイの6階に
FUTABA+という本屋があったこと。
いつまでも憶えていて下さいとは言いませんが、いつかの何かの瞬間に
「そういえば…」とふと思い出してもらえる本屋であれたなら嬉しく思います。
今までどうもありがとうござました。(H)

Re:start
終わりとはじまりはいつも背中合わせ。はじまりはつい昨日のことのようであり、でも5年くらい前なのかも知れない。
終わりはいつも突然やってくる。これを書くこの瞬間でさえ、本当には終わりを感じられない。
終わりを迎える瞬間には次のことへ動きはじめるからかもしれない。

新鮮で、なつかしく好奇心をかきたてられ、その向こう側にわくわくした。
5年10ヶ月。ぼくはその最後の10ヶ月。夢みたいな時間だった。
読んだ本は友のように、買ったノートは相棒のように。そして、まだ読めていない本で自室の床が抜けそうだ。
たくさんの本と、雑貨と、人と出会った。それらすべてが愛おしい。
この店だからできたことがたくさんある。この店でやりたいことがまだまだある。

でもそろそろ閉店の時間。ありがとう。またどうぞ。
前へ進め。振りかえらずに。前へ進め。きっとそこにあり続けるから。
FUTABA+ ぼくの夢の本屋。そして、すべてのはじまりになる。(M)


たん ごとん 列車で旅をするように、各駅停車でゆっくり進む。どこかの駅で私は降りる。私はそこに住み、やがて又列車に乗り、次の町まで列車に揺られる。車窓の風景はまたたく間に移り変わっていく。かつていた町の記憶は忘れていく。でも私の手元には、それぞれの町で手に入れた本がある。本にふれ、本をひらけば、其を手に取った本棚が見える。本屋の情景が蘇える。ひらいて、読み、ためつすがめつ眺めたときの気持ちや、考えを思い出す。本屋の扉を開いて出ていけば、その扉からつづく道も見えてくる。これはあそこへとつづき、これはあそこへとつづく。道から続くいくつもの道の先まで、見えてくる。まるで実際にそこにいるように、それぞれの道を辿り、もう一度訪ねたい場所まで歩いていける。私は本をひらけば、いつでも帰れる。本は生きていて、人や、町や、その時代や時間のなかで呼吸し、触れ合い、旅をしているという気がします。いつまでも本と共に、人々が歩きつづけていられますように。この本屋に足を運んでくださった全ての皆様に、本当に、どうもありがとうございました。(よ)


うとう…? いいえ、終わりではありませんね。
いつまでも このちょっと曲者な本棚達と、あれもこれも、いろんなものがぎっしりのあの空間で起きた出来事は、わたしたちの中にあって、いつまでも子ども心を忘れないおもちゃ箱のように。時に語りかけるもの知りおじいちゃん、キッチンの向こうのお料理上手なおばあちゃんのようにみなさまとともに。この場所で流れた時間と、連れて帰ってくださった本達が、やさしくあなたやあなたの大切な人の側にありますように。この5年間 3年と少しは訪れる者として、あとの2年足らずはみなさまをお迎えする者として、力不足ではないだろうか 私で大丈夫なのだろうか、と感じることもありましたが、幸せな、幸せな5年間でした。本当にありがとうざいました!(み)

ちとそとがわからなくなるようなところ。そういうところにおもしろさを見つける。オンとオフだって?ふざけるんじゃないよ。ここに来てからその日の一歩を本にする日を送ってきた。本の前では誰でも平等ってのが好き。ここで真剣勝負をしてくれたみなさまにこころからのありがとうを。店のことを知り声をあげてくれた人、あげなかった人、来てくれた人、来なかった人、来れなかった人、店が閉まることを何も知らない人、そもそもこの店のことなんか知らない人、あなたの人生と本がどうか素晴らしいものでありますように。それではバイナラ。(S)


5年間、本当にありがとうございました。
FUTABA+京都マルイ店 スタッフ一同
2017年1月31日
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。