FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

11月23日 世界を変えた書物 

GF

一昨日はグランフロント大阪北館で開催されていた「世界を変えた書物」展へ。
コペルニクス『天球の回転について』ニュートン『自然哲学の数学的原理』ダーウィン『種の起源』等々、
文字通り世界を変える大きな発見を人類にもたらした科学者たちの書物の初版本(いわゆる稀覯本)を
多数集めた展覧会場は壮観ですこぶる興味深く、知的欲求を刺激された。
もっとも古いものだと500年以上前の本なのだけれど、
たとえばいま目の前にあるこの本がこの場所にたどり着くまでにどれほどの人間の手に渡り
その頁を捲られてきたのかと思いを馳せるだけでも遠大な気持ちになる。
展示方法がまた良くて、ひとつのジャンルごとに年代順に流れを見せてくれるので、
ある決定的な発見を記した書物には先行するどんな書物群があったのか、
時代を隔てた書き手や研究者たちが書物を通じてバトンを繋いでいくさまが見てとれて感動的だった。



展覧会は無料で撮影もOKだったので唯一撮った一枚を紹介。
■『真正蒸留法』ヒエロニムス・ブルンシュヴィヒ(1500年、初版)
世界を変えた書物
ストラスブール生まれの外科医がけがや病気の薬について、薬草からの蒸留抽出法を挿絵を用いて詳述した一冊。
薬剤製造のハンドブックとして16世紀まで重用されたそう。
1500年ですでにカラー(!)、かつその色づかいの妙(謎の女子力の高さ!)に思わずパシャリ。


(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1060-83842527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)