FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

1月10日 二百一年後のカフカ 

kafka

眠りに就くまえに読む一九一五のカフカ。
年が明け日記を書く一年にすると決めて日記帳を買う人がいるように、
日記を読む一年にすると決めて他人の日記を開く者もいる。
一世紀あとの人間にそれが読まれていると考えもしなかっただろう
百と一年前のカフカの日常とその息づかいを恐ろしいほど間近に感じながら、
いまから百年あとの自分さえ遠く過ぎ去った二一一六の誰かもきっと
百年前の自分と同じようにこの日記を読んでいることを思う、
書くと読むのうちにおいてわたしたちは誰もひとりで、誰もひとりではないのだと、
何度確信したか知れないことをまたはじめてのことのように思い返していた昨夜のこと。

(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1107-446442d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)