FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

1月27日 猪熊弦一郎の顔80 

顔80


滝口悠生の芥川賞作の表紙は猪熊弦一郎の顔らしいですよ、
え、なんで?そういう内容なの?、
・・・・、通夜が舞台でたくさん人が出てくるからですかね、
・・・・、あー・・・・、
みたいなちぐはぐな会話を店長と交わしたあと随分と説明を端折りすぎていたことに気付いた、
わたしが言っていたのは「猪熊弦一郎の顔」のことではなくて「猪熊弦一郎の《顔80》」のことだった。
それを訂正することもないままに今日出勤すればその本は届いていた、
書籍の隣には、昨年丸亀市猪熊弦一郎現代美術館から仕入れた「顔31」のポストカード。

去年の誕生日プレゼントに店長からいただいたのは、いつかの猪熊弦一郎展の展覧会図録で、
そのわずか2か月後に、ここ数年ずっと共感をおぼえながら読んできた小説家の新刊の表紙に
その画家の手になる「顔80」が採用されると知る、ということにも奇妙な縁を感じずにはいられない。

通夜の晩に集まったある一族の「死んでいない/者」と「死んで/いない者」をめぐる小説、
滝口悠生の芥川受賞作『死んでいない者』、本日入荷しております。ぜひ。


死んでいない者


(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1124-2d96b4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)