FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

4月18日 偶然と必然のはざまでのであい 

160418_blackbird.jpg


ぼくはあまり本を読みません。書店員になったくせに……。
そんなぼくでも、ふと、なにかを考えるときや感じたとき、本を手にすることがある。


占いの世界にはビブリオマンシーという本を用いたビブリオマンシーという占いがあるらしい。
手にとった本の、たまたま開いたページに書かれていることが、その人にとって必要な「お告げ」ということらしい。


ぼくの場合、お告げなのかどうかはわからないけど、確かに、なんとなく気になる本を手にとって眺めていると、心にかかったもやが晴れたり、わからなかったことが腑に落ちることがある。


どうも自分のことばを探すのが苦手なので、本をたよりに照らし合わせて、自分のことばをみつけているのかもしれない。


ふらっと来た本屋で、かけがえのない1冊に出会えるかも。
FUTABA+を思い出したときは、ぜひふらっと立ち寄ってください。


写真:最近ぼくが買ったビブリオマンシーの本
「黒い鳥の本」石井ゆかり


(M)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1208-210dddf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。