FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

4月19日 「あなたは特に何かの役にはたっていないけれど笑顔で生きていくことを誓いますか?」「はい、誓います*」 

突然ですが、みなさまはFUTABA+の『6×3』という企画を知っていますか?

毎月15日ごろにFacebookと店頭で更新されている企画で、
毎回一つのテーマに沿ってFUTABA+のスタッフ6名がそれぞれ3冊ずつ本を選んでいます。
Facebookではみんなが選んだ本の写真と書籍名が載っているだけで
私たちがどのような理由でその本を選んでいるかまではご紹介できていません。
今回は特別に「どうしてその本を選んだのか」その理由について、
スタッフ6名に聞いてみました。

2.jpg


今回のテーマは「Y字路のそのさきに」。
これは今月半ばに退職されたスタッフの「Y」さんに向けて、
私たちがそれぞれ贈りたい本を選びました。

seino.jpg


(S)さんが選んだ本は、
『壇蜜日記』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』『SAPEURS』の3冊。
いわく、
「これぞYさん!っていう本だよね。」
確かに、この3冊はYさんの棚に並んでいて安定して売れていた、
あるいはYさんが提案してフェアを行い、非常によく売れていた3冊です。

hase.jpg

(H)さんの場合、
「Yさんの文章がすごく好きで。
同じものを見てもYさんならなんて言うかなーと思って。
それでまず選んだのが『12ヶ月のお天気図鑑』。
『季寄せ』は、俳句を詠んでほしいなあと思って。
『名表現辞典』は言葉の引き出しをさらに増やしてほしいと思って選びました。」

yomo.jpg

(よ)さんの場合。
「『長田弘全詩集』は、Yさんが好きな詩人とおっしゃっていました。
『やわらかな言葉と体のレッスン』はYさんにこの本いいよって薦められて読んだ思い出の一冊です。
『日本・世界地図帳』は日本を、そして世界をまたにかけて活躍してください!との気持ちをこめて。」

miku.jpg

(み)さんの場合。
「『配色デザイン見本帳』は、いつもポップを作っているときに色の組み合わせや文字の配置などに悩んでらっしゃったので、
『冒険図鑑』は冒険のイメージがないYさんなので、新しいことに挑戦してほしいなと思って、
『アンソロジーおやつ』は、甘いものが大好きなYさんにおすすめしたいと思って選びました。」

iwata.jpg

(i)さんの場合。
「『自分をいかして生きる』『誰もいない場所を探している』『シェフを「つづける」ということ』、
3冊全て仕事の本なのですが今一度、働くことを考えるきっかけになればと思い選びました。」

mizu.jpg

(M)さんの場合。
「『ゆっくり、いそげ』はいつかお店をやってほしいなあという思いで、
『ひとり出版社という働きかた』はお店だけでなく出版社もやってほしいという思いで、
『何かのためではない、特別なこと』はいつかこんな話もしたいなあと思い選びました。」

いかがでしたでしょうか。

私たちは毎月このような企画をひっそりとやっているのです。
そしていつも、6人6様にさまざまな思いで3冊を選んでいます。

1.jpg


FUTABA+の入り口でこっそり本を並べていますので、
気になったテーマの時はそっとスタッフに聞いてみるのもいいですね。

「あの本、誰が選んだのですか?」ってね。(i)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1209-2427f0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)