FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

7月13日 「、」はつづく 

IMG_1940 (640x480)
きょうは、お客さまから、なぜ植田正治と鷲田清一が一緒に並んでいるんですか、と尋ねられ
あ、それは実は鷲田清一さんが植田正治さんの写真が好きでご自身の本にたくさん載せてるんですほら、それでこの『まなざしの記憶』の序文が植田正治さんへの追悼文のようになっておりましてうんぬん…というと、
そのお客様は、そうとは知らず、植田正治も、鷲田清一も、どちらもとても好きだったのでびっくりした、との事だった。
なにか、みえない共鳴があるのだ。
私も嬉しくなり、休み時間になると、はらりと本をまくって拾い読みして過ごした。

読むたび、人と人との「丁度良い距離」ということを、問いかけられる。
絶え間ない作業だよなあ。
そして、私にはだいたいいつも正解がわからないわけで、
絶え間なく問いかけてみては、絶え間なく一応の答えを出してみることの、連続みたいだ。
波のりみたいで、ゆるやかだったり、急に荒くなったりするけど、絶対に止むということがないのかもと。

春頃に始まったこのフェア、なにげにまだ続いてるのです。
「植田正治×鷲田清一」コーナー、みなさまぜひ。

(よ)


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1294-d5b0d290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)