FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

8月16日 片岡義男のヴァラエティブック 

R0015414 (640x480)
片岡義男の本を読む。
膨大な片岡義男の本にも実はありそうでない下記に記すヴァラエティブックの類。
植草甚一『知らない本や本屋を捜したり読んだり』小林信彦『東京のロビンソンクルーソー』
小西康陽『ぼくは散歩と雑学が好きだった。』安田謙一『ピントがボケる音』。
氏がその手のものを好まなかったかどうか、知らない。
角川文庫に入っていた『個人的な雑誌』という書籍が一番それらに近い感じがする。でも違う。
小説も評論も写真もエッセイも対談もなんでも全部が全部ごちゃ混ぜに入っている本。
『「popeye」が片岡義男とつくる「popeye」』をもう一回をつくってしまう前にどこかの出版社いかがですか。
片岡義男とはユニット名だと言わんばかりのびっくりするような本を見てみたい、売りたい。
出来上がる本にもちろん犀のマークが付いていればこの上ないけど、それは贅沢か。
何年か通っている下鴨納涼古本市で初めて豪雨にあった、その雨で道が川になっていくのを見ながらふと。(S)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1326-00730c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。