FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

9月2日 一杯の珈琲を飲むだけに集中することはあるんだろうか。 

IMG_6556.jpg


『生きていくうえで、かけがえのないこと』吉村萬壱(亜紀書房)
『生きていくうえで、かけがえのないこと』若松英輔(亜紀書房)
きょう店頭に届いた同じタイトルの2冊の本。

2人の書き手が「生きていくうえでかけがえのない」
25のテーマに、それぞれの視点で向き合っている。
「食べる」とか「眠る」とか「愛する」とか……。
普段何気なくやっていて、ふとすれば考えたこともない。


禅の世界では、食事や掃除も修行の一環として行われると聞いたことがある。
いま、ここで目の前の所作に集中することからも悟りの境地に迫ろうということらしい。

その境地まで行くほどではないが、
日常気にもとめずにやっていることごとから、
一体に何が見えるだろうか。
そんなことを真剣に考えたことがあるだろうか。

この本を読んでいると一種の禅問答のように、
読み手にそれらに共感し、ときに考えさせるような感覚になる。


現代において「いま、ここ」の所作に
意識を集中させる瞬間はどれくらいあるだろう。

そんなことを思いながら、きょうも本を読みながら、珈琲を飲む。
いってるそばから「ながら」が抜けない、書店員Mだった。

(M)




コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1345-50cb7f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。