FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

10月21日 『百年のわたくし』へ 

IMG_2658 (480x640)
先日は、『百年のわたくし』へ行ってまいりました

わたしのなかで、未だ振動している

表現すること
それを分かち合うこと
「よろこび」にはその二つのことがある、と、最後の対談のなかでおききました

ひとり、ひとりのうたは
肉体を通って、音となって、音以上のものをこめて、語られ、うたわれたものが私の胸に振動をうんで
弱まる気配もありません
些末な思い煩いから逃れていられた、宝物のような時間
いくども反芻しながら
それでも、出す一歩と
とどまる一歩の
損得というものに囚われて、矢印だらけの分岐点で、「よろこび」がこぼれ落ちていきそうな気持ちで
それでも、何度も胸のふるえにふれてみています

その場に居た、ということが、やっぱりなんというか不思議なかんじがします
この場に居る、ということも、不思議なことにおもえてきます
(よ)


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/1387-14c31c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。