FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

3月9日 PARASOPHIA、はじまる。 

2か月間にわたり、京都市美術館、京都府京都文化博物館などで開かれる、
現代芸術の国際展「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」。
いよいよ一昨日から始まっているようですが、
先週、京都みなみ会館で行われたカウントダウンイベントに行って来ました。

私が観たのは『アワーミュージアム』(2002年、監督:岸本康)という作品。
京都市美術館、パリ市立近代美術館の歴史を振り返りながら、
「美術館」という場所が持つ可能性を、キュレーターや美術作家など
数名へのインタビューを通して明らかにするドキュメンタリー作品です。

とあるキュレーターが「美術館とはどんな場所か」という問いに対して
「そこに入る前と後では人生がまったく変わってしまうところ」と発言していたのが心に残りました。
清濁あわせ呑む器の大きさを持つ美術館。
だからこそ、その使命はこれからも無限にあるのでしょう。
皆さまにとっての「本屋」という場所も、そういう場所だといいなあと思いつつ。
何はともあれ、PARASOPHIA、楽しみたいです!

(М)

写真0309

みなみ会館にはもう何十回も通っているのに、いつも五重の塔に見とれているうち、通り過ぎてしまいます…。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/556-4b69433c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)