FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

5月15日 フは不滅のフそして・・・ 

R0013047 (640x480)

ィジカルとメンタルの強さは、ギフで培われキョウトで成長したものであったでしょうか。最後の最後まで仕事に対する熱を失うことのなかった貴女が次のステップを踏み出す時そこに明るく強烈な陽射しがきっと差し込むでしょうし、その心配をするなんて無粋ですね。今までありがとう、そしてそしてこれからもよろしくです。リスペクト!(S)

慢のスタッフでしたよ。あなたはほんとに。何を頼んでもいつでも頑張ってくれました。頼まなくても「やりましょうか?」と自ら進んでやってくれました。沢山助けられました。ありがとう。誰かと「Fのこと嫌いになる人なんていないな」という話をしたことがあります。そうです。誰からも好かれる人です。そういう人です。一緒に働けて楽しかったです。ありがとう。(H)

タタッと駆け足で朝一の事務所に滑り込み、てきぱきと今日の荷をほどいては棚に並べていくその素早い所作、かと思えばじっくり本の表紙や背を眺め的確で壮大なPOPをしつらえ作り上げるここにしかないディスプレー、どんな小さな提案にも耳を傾けきっちり拾い上げてくれる度量、快活で丁寧な接客、etc…。どんな小さな仕事にも、小さな仕事にこそいつも全力を尽くすその姿勢は、自分にないものばかりで、書店員の鏡のようで、見上げるような気持ちは初めの頃から変わっていません。いつも心強かった。
よく働き、よく食べ、よくファッション誌を読み、よくよく見ると着ている服の柄が何か変だ、けれどそれが素敵に似合ってる!
たくさんお世話になりました。身体とバイクの飛ばし過ぎにはどうか気をつけて!(Y)

さ、目覚めて、どうも気力が出ない。ぼんやりとpanpanyaさんの『枕魚』を手に取りました。なんだか呼ばれた気がしたのです。一編目でふふっと笑い、二編目で、おなかを抱えて爆笑しました。Fさん教えてくれてありがとう。枕元の書棚に『枕魚』が収まりました。「既刊もいいスよ」とのお言葉、ぜひ買おうと思います。マンガ指南、もっとしてもらえば良かったな。(よ)

るっとした笑顔とユーモアあふれるお話…まだまだ知りたいことだらけですが、素敵な明日へ!!たくさんの感謝をこめて。(み)

んなの笑顔のみなもと!私も元気と笑顔を忘れずに前を向いて歩いていこうと思います。
どうしてあんなにぱりっときりっときらきらっとしているのでしょう。と考えていたらまた泣きそうなのでこの辺で失礼しますね。(i)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/702-99e4e7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。