FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

5月21日 100冊の本 

ブログ用(御厨)
ラースミュラー
本 アナログリアリティー

ラースミュラーデザインスタジオ/出版社×建築家 藤本壮介(展示デザイン・会場構成)

100冊の本
特に好きな1冊は?という質問を私は回避する。10番目に好きな本も、50番目、100番目に好きな本も然りだ。どの本にもそれぞれの歴史があり、そのどれもが語るに値する…
ということばからはじまるこの展覧会のリーフレット。

最近そんな質問を先輩にしてしまったな…と思いながら。

建築・デザイン・タイポグラフィー
光や風景・テクスチャー
ファッション・感覚…

デジタルに代替できない要素がたくさん。
様々な性質を持った本達は 壁に立てかけられたり、そっとテーブルに置かれている。

真っ白な空間に座って読む本は、興味深いものばかり。


帰宅後、印象深かった錯視の本を調べてみたら8万円。。。(もちろん普通の価格のものもあります。)
本を振ると図形が見えてきたり、という不思議な1冊は紙媒体ならではを実感できるものでした。


(み)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/714-6ded48ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。