FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

5月28日 今までだって好きだったし、これからも好きでいたいし。 

私にとって、

「夏目漱石は好きですか?」

という質問は、

「白ごはんは好きですか?」

と言う質問と同じようなものです。


natsume.jpg

どちらも、好きか嫌いかなんて普段は考えないけれど、
尋ねられれば「はい、好きです。」と答えます。

夏目漱石は私が2回目にものごころついた時に読んでいたので、
この人の文章が私の読書にとっての原風景なのです。

そんな方を胸にかかげるということは、
一つの主張であり、
一つの表現であり、
誇らしくもあり、
しかし、

「このバッジをつけてるということは夏目漱石のことなら何でも知っていると思われたらどうしよう。」

との不安も出てきましたので、
10年ぶりに「こころ」を読み始めた次第です。(i)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/725-bbae55ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。