FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

6月12日 詩の背景 

IMG_1019 (480x640)
部屋になじむまで置いとこうと思っていた、詩人、山﨑佳代子さんの『ベオグラード日誌』。
雨のせいか
気分がしっとりし、午下がりに少し読んだ。
もともと彼女の詩が好きで、段々、その詩の背景が知りたくなった。
でも長らくためらわせるものもあって、手に入れてもすぐには読み出せずにいた。

 静けさを両手に受けとめることが、今までにないほど、大切なときが、やってきた。
 黒い岩肌を伝う水の音、山鳥の囀り、森を吹きわたる風、栗鼠の呼吸、月の運行、胡桃のように大粒な星の光、そして海、子供、男と女……。その言葉ひとつひとつに胸をひらくことが大切なときが、還ってきた。ますます精巧な武器や機械に人間が囲まれてしまった今、という時代だからこそ。
 私という身体、魂をともなって、日本語がバルカン半島の旅をはじめ、ベオグラードに棲みついて三十五年が過ぎようとしている。十二年の歳月を綴った日誌をお届けする。それは、小さなできごとの記録。
……(『ベオグラード日誌』山崎佳代子著 書肆山田刊2014 まえがきより)


少しづつ読もう。
何度でも読み返させる強さと、静けさと、詩で満たされた彼女の「小さなできごとの記録」を。
(よ)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/757-d0425d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)