FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

9月7日 今月の推し本 

えbook


FUTABA+京都マルイ店9月の推し本、『えBOOK』(大福書林)が入荷。

イラストレーター、ニシワキタダシがこれまでに製作したポストカード作品を集めた作品集は、
描かれたキャラクターたちの動きと表情、その瞬間的な切り取りと、それに付されたタイトルが
渾然一体となって「なんともいえない」雰囲気を醸し出し、脱力に包まれた心地よい笑いを誘う。
そんな出来事は一度も自分の身に起こらなかったはずなのに、その「なんともいえない」の絶妙さ具合に
思わず「あるある~」とつぶやく声が心のなかから聞こえてくる、という不可思議。

巻末の本人による解説(「本人によるこうなんじゃないかという話 と こまかな作品解説」)
がまたとてもよくて、
こうなんじゃないかという話、は当の作者なのにイラストの状況設定を決めきっていないからか
まるで他人事のようなコメントがちらほらあって可笑しい。
不条理な状況だけがぽつんと差し出されてあって、その前後に関しては想像をはたらかせるしかないのは
作者も受け手も同じ、というのは自由でとても楽しい。


今春始まったばかりの期待の出版社、大福書林の新刊『えBOOK』、
当店では近日中にパネル展も始まります。
ぜひ店頭で手に取って、その「なんともいえない」おかしさに触れてみてください。


ニシワキタダシ
「あんぱんをかじったら子犬がこけた」(『えBOOK』より)





(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/925-512633cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。