FC2ブログ

FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

9月21日 他人の時間 

中之島


昨日ようやく行った国立国際美術館の「他人の時間」展は予想していた通りやっぱり面白く、
ティルマンスはほとんど駆け足で見るしかなかった(けれど、それも予想していたことだった)。

もう過ぎ去ってしまった時間、ここから遠く離れた見知らぬ場所、
「いま、ここ」からはあまりに隔たっている、
その「隔たっている」という感覚すら普段は意識にのぼることがない、ほどに圧倒的な他者、
の時間や場所が何かの拍子に唐突に意識されたり、この現在と繋がりを持つ瞬間、
というのがたぶんもうずっと前から好きで、好きでと言うよりは気にかからずにはおれなくて、
きっとそのことはこれからも考え続けてしまうのだろう、
なんてことをその展示からあらためて思う日曜だった。

写真は京阪電車中之島駅のゆるく長いカーブを描く地下通路。
自分が映像を撮る人間だったら採用したくなってしまうだろう印象的なロケーションで、
歩くたびに振り返ってしまう。


(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/955-cd118513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)