FUTABA+のあかさたな

FUTABA+京都マルイ店の本と雑貨とそれ以外

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

10月2日 変わらない 

artrock

店頭の壁に掛かっているのを一目見てからそれを人にプレゼントしようとずっと決めていたものの買わないままでいたレコードは、明日には手渡そうという段になって四か月ぶりにいざ買いに行くともう壁に掛かっていなかった。
呑気でとにかく腰が重く何ごとも後回しの性格とも30年近く連れ添っていると、こういうことはたびたびあって慣れっこと言えば慣れっこだけれど、慣れているからといって、いざ目の前で動かしがたい現実があらわれるとそのたびごとにひどく後悔するのには毎度変わりなく、巻き戻らない時間への軽い絶望とそれを忘れ去って呑気に構えている普段の自分への失望はそのたびあたらしい実感としてやってくる。
この近くでほかにそのレコードを置いていそうな店・・・と、考えてすぐに思い当たるレコードショップへ電話をかけ在庫を尋ねると即答で「ありますよ」とのこと、その足で向かったレコードショップは、休日の出不精と職場近くのCDショップで買い物を済ませてしまう近頃の習癖のせいでしばらく立ち寄れていなかったけれど、間違いなく京都でもっとも信頼できるレコードショップのひとつで、やっぱり「そこにはちゃんと置いてある」ということが何より心強い。
それにしたって、こうやって事なきを得てしまうと、さっきまではあんなに日々のあれこれを呑気に先延ばしている自分をつよく反省していた、ということもすっかり忘れて「やっぱり物事は何とかなる」という後半の印象だけが採りあげられていつまでも残ってしまう、こうやって自分はますます呑気に腰が重く何事も後回していくのだな、とまるで他人事のように思ったり(痛い目を見ないとわからないタイプ)。


(Y)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyofutabaplus.blog.fc2.com/tb.php/975-151f19b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。